top of page

恋フラ in アジア 〜第三弾 台湾編~

(viernes, 7 de junio 2024)

 

日本国内47都道府県をすべて巡り、各地で着物姿でのセビジャーナスを撮影した動画「日本に恋した、フラメンコ」をYouTube上で2019年に公開したフラメンコダンサー永田健さんが、今度は日本を飛び出しアジアで撮影を展開! その撮影の様子を不定期連載でお届けします。


文・写真/永田健

Texto y foto por Ken Nagata


恋フラ台湾_礼拝堂 2024年6月掲載

恋フラのアジアツアー。

香港、韓国に続いて3カ国目の撮影は台湾です。


初日は淡水。台北から北に1時間の港町です。

協力してくれたのはInin LeeとIn Fashion Flamenco教室の皆さん。 

衣装は台湾の先住民仕様。

中国との関係からチャイナドレスは着るのに抵抗があるようで、今回の撮影のために用意してくれました!


まずは紅毛城(Fort San Domingo)へ。

1628年にスペイン人が建設、オランダ人が改再建し、その後イギリス政府に租借。そして日本とアメリカの手を経て台湾に返還された、台湾の歴史を象徴する建物です。

特別に撮影OKをいただき、何カットか撮影。


次に淡水礼拝堂へ。

こちらは1890年築、台湾北部で初めての礼拝堂です。

最後に夕陽が沈むタイミングで港へ出てもうワンショット。

気温30度を超える中、いっぱい踊って歩き回りましたが、おかげで素敵な映像がたくさん撮れました。

台湾の歴史も勉強になる1日でした!

そして翌日は、台湾の新幹線で2時間弱南へ下って高雄へ。


舞人幫というサークルのメンバー饒志民さんと、去年東京のクルシージョで知り会った縁で撮影。

こちらも台湾先住民衣装。先住民の人口は2%ですが、その中でも最多のアミ族の衣装を借りてきたとのこと!

皆も着るのは初めてで、テンション上がってますが気温も30度を超えて暑い…。

場所は蓮池潭(れんちたん)。

そびえ立つ龍虎塔を目当てに来たのに、修理中というニュースを前日に知る…。

でももっと素敵な場所がありました。


台湾最大規模の孔子廟。

さすがに中で撮影は難しいかなと思うが聞いてみると、民族衣装を着ていたためか担当のおじさんは大歓迎で、ほぼ貸切状態で撮影できました。

撮影が終わっても、もっと撮らないのかと聞いてくるほど笑。

恋フラ台湾 高雄 孔子廟 2024年6月掲載

陽が沈んできたので、龍虎塔の代わりに池の真ん中に立つ五里亭へ。

南国らしい派手な建物と衣装が夕陽でちょうど映えて、最後に素敵な絵が撮れました。

夜は台湾らしく円卓を囲んで、あらゆる台湾料理と台湾ビールをたっぷり頂きました!

ちなみにこの日が僕の50歳の誕生日でした。


撮影したのは去年の11月ですが、音楽制作に時間がかかりました。

アジアでも国ごとに文化が全然違うので、大変ですがセビジャーナスを各国版でアレンジすることにしました。

台湾バージョンは二胡で演奏してもらおうと台湾人を探しましたが、断られたりするなどなかなか見つからず。かといって台中関係を考えると中国人の起用も難しい…。最終的には日本人の方を紹介してもらい、素敵な音楽ができあがりました♪


東アジアは終了。2024年は東南アジアを周ります!

4月にバリ島で撮影済み。夏にシンガポール、フィリピンで撮影予定です。

※もし他の国で踊り手の知り合いがいたら、ぜひご紹介ください。


『台湾で踊るフラメンコ - Sevillanas in Taiwan』


詳細はインスタグラム・HP、永田健のSNSなどでも随時アップデートしていきます。

【アジアに恋した、フラメンコ】


【永田健 SNSアカウント】

(*友達申請される場合はFlamenco fanを見たと一言メッセージください)

 

【プロフィール】

永田 健(Ken Nagata)

大手証券、米国MBA留学を辞めてスペインに渡る。2013年新人公演にて満票で奨励賞受賞。2019年に日本を一周して撮影した「日本に恋した、フラメンコ」をYouTube公開。現在は「本能寺の変」、「ヤマトタケル」など和とコラボした舞台を制作中。


>>>>>

Commentaires


bottom of page