top of page

アーティスト名鑑 vol.10

(miércoles, 17 de abril 2024)

 

スペイン在住30年以上、多数の一流フラメンコ・アーティストらとも親交のあるフラメンコ・ジャーナリスト志風恭子が、歌・踊り・ギターそれぞれの代表的アーティストらのプロフィールをピックアップ。過去の取材で撮影した写真や、チェックしておきたい動画などもご紹介します。

 

文/志風恭子

Texto por Kyoko Shikaze




María Teresa Martín Cadierno

“Mayte Martín”

Barcelona, 19-4-1965

 

マイテ・マルティン

本名 マリア・テレサ・マルティン・カディエルノ

1965年4月19日バルセロナ生まれ


マイテ・マルティン 2404名鑑vol.10
2007年マラガ・エン・フラメンコ ©︎ Kyoko Shikaze

アンダルシア出身の両親のもとフラメンコのレコードを聴いて育ち、10歳でカンテコンクールに出場。1983年からプロとしてペーニャやタブラオに出演。1987年ラ・ウニオンのコンクール。89年にはコルドバのコンクールのマラゲーニャス部門で優勝。1994年初CD『ムイ・フラヒル』を発表。以後、これまでに9枚のアルバムをリリース。ジャズ・ピアニストとの共演でラテンバラードを歌ったり、やピアノ・デュオと共演したり、マラガの詩人の詩を歌ったり、フラメンコだけに止まらない多彩な活躍で知られる。


マイテ・マルティン 2404名鑑vol.10
2010年Festival de La Unión ©︎ Kyoko Shikaze

【動画】

彼女のヒット曲 S.O.S。1994年のデビューアルバムで唯一フラメンコ曲じゃなかったものだが今に至るまで彼女のリサイタルのアンコール定番。


アレハンドロ・ウルタド伴奏でのグアヒーラ。2020年フランス、ニームのフェスティバルで。中南米起源の曲も得意とするところ。


 

マイテ・マルティン 2404名鑑vol.10
Foto oficial
 

Antonio Gómez de los Reyes

Sevilla 3-12-1961

                                                                                       

アントニオ・カナーレス

本名アントニオ・ゴメス・デ・ロス・レジェス

1961年12月3日セビージャ生まれ

 

アントニオ・カナーレス 2404名鑑vol.10
2017 Málaga en Flamenco ©︎ Kyoko Shikaze

82年から85年までスペイン国立バレエ団在籍。退団後はパリの現代舞踊家マギー・マランとの共演を経て、クンブレ・フラメンカ、ラファエル・アギラール、ルイシージョ、マヌエラ・バルガスなどのカンパニーやタブラオで活躍。92年自らの舞踊団を結成。翌年発表した『トレロ』は100回以上公演を重ねるヒット作となった。95年スペイン文化省の舞踊プレミオ・ナショナル受賞。97年の『ベルナルダ』ではアントニオがベルナルダを踊るなど、女性役を男性舞踊手が演じ話題を呼んだ。テレビ出演などで一般にも広く知られる存在。

 

【動画】

1996年スペインのアカデミー賞であるゴヤ賞授賞式でソレア・ポル・ブレリアを踊る。歌にモンセ・コルテス他。



アントニオ・カナーレス 2404名鑑vol.10
2000 en Madrid ©︎ Kyoko Shikaze

 

Rafael Riqueni del Canto

Sevilla, 16-8-1962

 

ラファエル・リケーニ

本名ラファエル・リケーニ・デル・カント

1962年8月16日セビージャ生まれ


ラファエル・リケーニ 2404名鑑vol.10
2010 ©︎ Kyoko Shikaze

 

わずか14歳でコルドバのコンクールのギターソロ部門、ヘレスのギターコンクールで優勝。セビージャのタブラオ、ロス・ガジョスや各地のフェスティバルで研鑽を積み、1986年アルバム『フエゴ・デ・ニーニョス』を発表。以後、『ミ・ティエンポ』『セビージャ組曲』などをリリース。その繊細で優しく、美しい曲、そして演奏はスペイン国民楽派にも例えられる。病気のため一時、表舞台から遠ざかっていたこともあったが、2022年にはビエナルでヒラルディージョ賞を受賞するなど活躍、再評価されている。

 

【動画】

2023年ニューヨーク公演での演奏。曲は『コヒエンド・ロサス(バラを摘んで)』



ラファエル・リケーニ 2404名鑑vol.10
2015 ©︎ Kyoko Shikaze

 

【筆者プロフィール】

志風恭子(Kyoko Shikaze)/1987年よりスペイン在住。セビージャ大学フラメンコ学博士課程前期修了。パセオ通信員、通訳コーディネーターとして活躍。パコ・デ・ルシアをはじめ、多くのフラメンコ公演に携わる。

 

>>>>>

Comments


bottom of page