top of page

わが心のスペイン vol.4

(lunes, 25 de marzo 2024)


南房総と南スペインで田舎暮らしを楽しむ、石井崇が描くスペインの情景。


「エンリケ航海王子の夢」石井崇

『エンリケ航海王子の夢』

太陽海岸(コスタ・デル・ソル)からポルトガルに入ると、アルガルベ地方になる。

そこに大航海時代の先覚者、ポルトガル王国のエンリケ王子が北の方から移民を使わし、作られたのがラゴス。

今から四世紀半前にはタコ漁で有名でしたが、王子の母方がイギリス王室だったため、今ではイギリス人の疎開地になっています。

またこの地方を代表するビーチリゾート地としても、多くのバカンス客が訪れます。



石井崇 プロフィール画像
(写真はフェレイローラ村)

【プロフィール】

石井崇(Takashi Ishii)/画家。1942年東京・京橋生まれ。東京芸術大学卒業後、1975年単身スペインに渡り、村祭りを回るテキヤ業などでしのぐ。セビリア郊外アルカラ・デ・グアダイラに居住。1989年よりグラナダ・アルプハーラ(Alpujarra)地方にあるフェレイローラ村(Ferreirola)にアトリエを構え、今はフェレイローラ村と南房総館山をふたつの故郷とし、田舎暮らしを楽しんでいる。著作は「おれたちがジプシーだったとき」、「詩画集プラテーロとわたし」、「スペイン四季暦」、「南スペイン、白い村の陽だまりから」、画集「イシイタカシの世界」など。2004年「館山親善ふるさと大使」に任命、全国大学フラメンコ大会を企画。


ホームページ「イシイタカシの世界」


>>>>>

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page