top of page

わが心のスペイン vol.3

(lunes, 26 de febrero 2024)


南房総と南スペインで田舎暮らしを楽しむ、石井崇が描くスペインの情景。


『春のささやき』石井崇

『春のささやき』

アルプハーラ地方の家はすべて陸屋根にしなければなりません。

これは景観条例で決まっているのです。

1492年、アラブ人がスペインから追放されましたが、

王族はアルプハーラ地方にある期間住んでいました。

その名残で、アラブ風な住居が今に至って守られているのです。



フェレイローラ村、石井崇プロフィール画像
(写真はフェレイローラ村)

【プロフィール】

石井崇(Takashi Ishii)/画家。1942年東京・京橋生まれ。東京芸術大学卒業後、1975年単身スペインに渡り、村祭りを回るテキヤ業などでしのぐ。セビリア郊外アルカラ・デ・グアダイラに居住。1989年よりグラナダ・アルプハーラ(Alpujarra)地方にあるフェレイローラ村(Ferreirola)にアトリエを構え、今はフェレイローラ村と南房総館山をふたつの故郷とし、田舎暮らしを楽しんでいる。著作は「おれたちがジプシーだったとき」、「詩画集プラテーロとわたし」、「スペイン四季暦」、「南スペイン、白い村の陽だまりから」、画集「イシイタカシの世界」など。2004年「館山親善ふるさと大使」に任命、全国大学フラメンコ大会を企画。


ホームページ「イシイタカシの世界」


>>>>>

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page